2017年06月26日

都議会議員選挙

しばらくぶりの更新です。
共謀罪が強行採決され、そして、森友、加計問題が何ら解決しないままで、国会が閉じられました。
このまま、アベ政権としては逃げ切りたいのでしょうが、そんなことはさせられません。

国会が終わって、追及されないとなると、徹底解明するだの、真摯に説明責任を果たすだの、聞こえのいい発言を安倍首相はするのですが、もう、私たちは騙されない。

本当にしっかりと説明責任を果たすつもりがあるなら、臨時国会を開くべきだし、萩生田さんをはじめとした内閣府の文科省への働きかけの実際を明らかにすべきでしょう。

本人がやっていない、と言っているから、それでいいのだ、というなら、


警察も、裁判も、議会も、なーーにも、いらない。まさに独裁者だけがいればいいということになります。

私たちは、そんな国になることを拒否します。

そのためには、都議会選挙で、自民党に NO を突き付けなければなりません。

また、都民ファーストもどうでしょうか。
本当に議会改革できるでしょうか。

多くの人が、当選したいがために、都民ファーストに合流した人ではないでしょうか。

口先だけできれいごとを言う人ではなく、しっかりと、誰が本物か、見極めていきましょう。
posted by jinchann at 20:20| 政治アラカルト