2017年10月29日

引きこもりの研修会にいってきました

若者の不登校などからの引きこもりが大きな問題となって、10年以上がたちます。
これからの次世代支援として、この問題にかかわることが重要です。

全国家族会の大会があったことから、参加しました。

豊中市の勝部さんがシンポジストとして出席していらっしゃいました。
かわらず、お元気な姿にうれしくなりました。

引きこもり支援という言葉がおかしい!
一緒に困りごとを解決してにはどうしたらいいのか、
この視点だけです。

これは、秋田の藤里町の菊池さんも言っていたことです。
手を貸してほしい、手伝ってほしい、とその力をあてにして、一緒にやり遂げること。

そんな中から、少しずつ変化がみられるとのことです。

型にはめようとするから、それが嫌な子は、学校へ行けなくなる。
型にはめる教育にさよなら しなければ・・・
posted by jinchann at 01:15| 若者

2017年10月28日

衆議院選挙

大義なき解散が10月12日、22日の投開票で、立憲民主党が何とか、野党第1党になり、安倍政権の暴走をストップさせられるのかどうか、といったところです。

日本共産党は、市民連合の統一候補が決まったところなどでは、協力的に候補者を取り下げて、何とか、小選挙区での野党勝利に貢献しました。

それにしても、民意を反映していない選挙結果に愕然としつつ、あきらめない気持ちを奮い立たせて、
これからの政府の言動、行動をチェックしていくとともに、八王子市行政においても、力の強いものへの忖度が見られるようで、民主主義、話し合い、情報公開の徹底で、しっかりとチェックしていかなければなりません。

希望の党設立時から、小池さんは、かなり右寄りの考えの方。
惑わされないように、と言ってきたのですが、この点は、自ら墓穴を掘った感じで、希望の党人気の失速となりました。

それに代わって立憲民主党が急きょ立ち上がったのですが、まだまだ多くのサポーターで育てていかなければなりません、この国の主権者は誰なのか、国民です。それが忘れられている政治は、もういやだ。
posted by jinchann at 00:27| 政治アラカルト

おしどりマコケン講演会

面白かったなー。
初めてお話を聞きます。
マコさんの、これまでの東電記者会見などの取材で、獲得した事実の積み重ねの中で、いろいろ見えてきたことを、よどみなくメッセージとして、訴えるその話術に感服しました。

しっかりと確かな情報を得るとともに、多様な角度からの取材で、様々な関連性を読み解いていく。
頭が柔軟なんですね。うらやましい。
だからこそ、わかりやすかったのだと思います。

今回の講演会で学んだことは、しっかりとした知識を身につける。継続してチェックを行う。
いくつもの情報に当たりながら、信頼できるデータを見極める、まさに継続は力なり、といったものでした。

話すということ、それは、十分当の本人が理解しているからこそ、聞く人にわかるように話ができるということは明白です。議会での質問の時の参考になりました。

あいにくの台風上陸、そして、選挙というタイミングでありましたが、会場いっぱいのお客様に、ちょっと救われる思いでした。

posted by jinchann at 00:18| イベント案内