2017年02月12日

高尾駅舎 群言堂

高尾駅におしゃれな雑貨のお店がある。
群言堂です。

ここのオーナーは、石見銀山のおひざ元、太田市大森町で古民家再生に力を尽くしている松葉夫妻のショップです。

古民家を再生しながら、町おこし。
経済を回しながら、文化を残していくその手法が、NHKの「先取り」(2017年2月12日)で放映されました。

ところが、肝心の高尾駅が、橋上化の中で、解体されるということで、群言堂も撤退する予定だとことです。

これでいいのか。

古民家再生の知恵が詰まっている、その拠点ともなりうる、この場所がなくなることは、八王子のこれからが文化を大切にしない、まちづくりへと変わっていくことを意味しないでしょうか。

12月の議会で、この場所での保存を訴える請願が出されたのですが、私たち(生活者ネット社会民主党市民自治の会)と、諸派のおひとりだけでした。

何とか、この場で、駅舎を保存しながら、橋上駅化を検討できないのか、
昔の決定にこだわらずに、改めて、検討してもらいたいものだ。

しかし、この請願が出されたとき、今頃、なんだ、という反応であったことが残念です。
posted by jinchann at 08:57| 花鳥風月