2019年05月27日

政治分野における男女共同参画推進法 制定後の選挙

5月23日、Qの会主催の院内集会が行われた。フェミ議として、報告を行った。
関市、川上村での女性議員誕生について、フェミ議がかかわった取り組みについてです、

地元の女性団体などと連携して、ちょっと後押しをする。何かあったら、相談にのるよ、といった近さをアピール。地元のうごきは、地元にしかわからないが、それでも、ゼロ撲メンバーが働きかけることで、力になったことは確か。
市議会レベルでのゼロ議会は、残すところ、18議会程度まで減ってきた。
都市部での女性議員を出そう、という動きは、それなりに作りやすい。しかし、問題は、町村議会だ。
ほぼ、800自治体程度あるうちの40%程度が女性ゼロ議会なのだ。

三浦まり先生が、総括酷評で、女性議員が出てこれない障壁を一つひとつ洗い出し、取り除いていく、というお話をされたが、まさに、男尊女卑、性別役割分業、などが、脈々と残っているのが、町村だ。だが、
希望もある。川上村でもそいうだったように、新しく嫁として、その地区に入ってきた新参者が、少しまとまって、声をだし、愚痴を言い合い、仲間を募って、加工品などのショップを始める。収入を得る。そこから新しい波が大きくなってくる予感がする。
posted by jinchann at 00:39| 政治アラカルト