2017年11月04日

なんかおかしくないですか?

11月になって、アメリカトランプ大統領が来日とのことで、ピリピリしている。
ご当人の来任前に、娘のイバンカさんが来日。アベ首相は、彼女が立ち上げた「女性応援基金」に何と57億円も寄付をするという。

何を根拠に、どういった活動を支援するのか、具体的なものが見えていない中で、まるで自分のお金でもあるかのように、税金を勝手に配分する。

これっておかしくないですか。

トランプ大統領とゴルフをするという。
そう、オフの日に、自分の趣味で、お客を歓待するのは十分ありの話。
ところが、プロゴルファーの松山英樹さんも交えてのゴルフだという。
これって、私的権力の乱用なのではないかしら。

おかしくないですか。

江藤新平が聞いたら、法治国家にあるまじきことと、論理明快に批判するのではないかしら。

マスコミが何も言わないのも、ちょっと不気味です。

安倍政権になって、何でもありの状態にみな、慣れっこになってしまったようです。

そして、なんと、加計学園の獣医学部が認可になる見通しとか。

あーーーーあ。
posted by jinchann at 16:32| 政治アラカルト

2017年10月28日

衆議院選挙

大義なき解散が10月12日、22日の投開票で、立憲民主党が何とか、野党第1党になり、安倍政権の暴走をストップさせられるのかどうか、といったところです。

日本共産党は、市民連合の統一候補が決まったところなどでは、協力的に候補者を取り下げて、何とか、小選挙区での野党勝利に貢献しました。

それにしても、民意を反映していない選挙結果に愕然としつつ、あきらめない気持ちを奮い立たせて、
これからの政府の言動、行動をチェックしていくとともに、八王子市行政においても、力の強いものへの忖度が見られるようで、民主主義、話し合い、情報公開の徹底で、しっかりとチェックしていかなければなりません。

希望の党設立時から、小池さんは、かなり右寄りの考えの方。
惑わされないように、と言ってきたのですが、この点は、自ら墓穴を掘った感じで、希望の党人気の失速となりました。

それに代わって立憲民主党が急きょ立ち上がったのですが、まだまだ多くのサポーターで育てていかなければなりません、この国の主権者は誰なのか、国民です。それが忘れられている政治は、もういやだ。
posted by jinchann at 00:27| 政治アラカルト

2017年06月26日

都議会議員選挙

しばらくぶりの更新です。
共謀罪が強行採決され、そして、森友、加計問題が何ら解決しないままで、国会が閉じられました。
このまま、アベ政権としては逃げ切りたいのでしょうが、そんなことはさせられません。

国会が終わって、追及されないとなると、徹底解明するだの、真摯に説明責任を果たすだの、聞こえのいい発言を安倍首相はするのですが、もう、私たちは騙されない。

本当にしっかりと説明責任を果たすつもりがあるなら、臨時国会を開くべきだし、萩生田さんをはじめとした内閣府の文科省への働きかけの実際を明らかにすべきでしょう。

本人がやっていない、と言っているから、それでいいのだ、というなら、


警察も、裁判も、議会も、なーーにも、いらない。まさに独裁者だけがいればいいということになります。

私たちは、そんな国になることを拒否します。

そのためには、都議会選挙で、自民党に NO を突き付けなければなりません。

また、都民ファーストもどうでしょうか。
本当に議会改革できるでしょうか。

多くの人が、当選したいがために、都民ファーストに合流した人ではないでしょうか。

口先だけできれいごとを言う人ではなく、しっかりと、誰が本物か、見極めていきましょう。
posted by jinchann at 20:20| 政治アラカルト