2017年10月28日

おしどりマコケン講演会

面白かったなー。
初めてお話を聞きます。
マコさんの、これまでの東電記者会見などの取材で、獲得した事実の積み重ねの中で、いろいろ見えてきたことを、よどみなくメッセージとして、訴えるその話術に感服しました。

しっかりと確かな情報を得るとともに、多様な角度からの取材で、様々な関連性を読み解いていく。
頭が柔軟なんですね。うらやましい。
だからこそ、わかりやすかったのだと思います。

今回の講演会で学んだことは、しっかりとした知識を身につける。継続してチェックを行う。
いくつもの情報に当たりながら、信頼できるデータを見極める、まさに継続は力なり、といったものでした。

話すということ、それは、十分当の本人が理解しているからこそ、聞く人にわかるように話ができるということは明白です。議会での質問の時の参考になりました。

あいにくの台風上陸、そして、選挙というタイミングでありましたが、会場いっぱいのお客様に、ちょっと救われる思いでした。

posted by jinchann at 00:18| イベント案内

2017年03月23日

東京アマデウス管弦楽団

コンサートに行ってきました。
半プロの管弦楽団で、その力量は、大したものです。
ブラームスの交響曲4番なども、とてもよかったです。
ティンパニーの女性がかっこよかった。

時々、何の音なのか、ちょっと耳障りな音というか、流れがあって、これは、曲のせいなのか、演奏家、はtまた、指揮者の影響か、素人には、定かにはわかりません。

心が落ち着くひと時でした。
アンコール曲は、
マスカーニ「ガヴァレリア ルスティニアーニ」間奏曲でした。

とても静かな流れるような曲で、お別れにぴったり。また、聞きに来ます、という感じで、ホールを離れました。
posted by jinchann at 12:54| イベント案内

2014年05月10日

第3回憲法集会 高橋哲哉氏 講演会

心配した憲法集会の出足も上々で、500人余りの参加。

高橋さんのお話は分かりやすく、今の問題を的確に指摘していました。

憲法を変える、それは、お国のために死ねる人を作る、そういった国をつくることで、完成するのです。

依然、高橋哲哉さんは、靖国問題を論じて、
個人的死が国家によって靖国に祭られることで、悲しむな、とのすり替えとなるといっていました。

その道をまた、安部政権は進まんとしているのです。

騙されるのはもうやめよう。

おまけが一つ。
「茶色の朝」が来ないように、と、朗読劇をやりました。
林 洋子さん 演出・脚色です。

東京新聞に練習風景が掲載されました。

<%image(20140510-004.jpg|300|400|20140510-004.jpg)%>

朗読劇は大好評でした。

よかった。
緊張で、おなかがすいた。
posted by jinchann at 15:39| イベント案内