2012年06月01日

地域包括支援センター新たに開設

28日に引き続き、2つ目、3つ目となる新規包括支援センター開設です。

寺田と子安それぞれ思いを新たにスタートです。

これで15ヶ所。それでも、中学校区32区に比べるならば、半分でしかありません。

これからの地域包括ケアシステムをどう構築していくのか、試案どころです。

それでも、まず拍手。

多くの期待が集まる地域包括支援センターです。
ルーチンの業務だけでは回っていかない、ということは、実際の地域包括支援センターを身近に見てきたものとして、いえることです。

センター長の考え、ならびに、社会福祉士の活躍が要です。
新人さんガ多いようですが、地域包括支援センターとして、何をするのか、しっかりと踏まえながら、がんばってほしいものです。

がんばれ!
posted by jinchann at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2012年05月27日

『小規模多機能」はどう進化する?

土本亜理子さんのお話を聞きにいってきました。

『花の谷の人々」の著者です。

この本を読んで、房総の端っこまで、見学に行ってきたものです。

小規模多機能、これからの介護サービスの要ですが、
月額制で、制限なしのサービス提供なので、
一生懸命やろうとすると、職員の疲弊が始まっている。

かなめであるとともに、前途多難です。
posted by jinchann at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2012年05月15日

認知症サポーター講座

いつもお世話になっている地域包括支援センター高尾の斉藤さんのお話です。
職員向けの講座です。

認知症の現状、そして、症状、予防と
誰でもおこり得るこの症状。

ほっておけませんね。

といってもその予防となると、なかなかぴんとこない。
規則正しい生活をしていることがまず第1のようです。

死亡率100%とはいえ、長生き出来るようになったことによって、発見されるようになった症状とも言えるのでしょう。

ずっと仕事をしていたい。そして、それが出来なくなったときに、この世ともお別れしたいものです。
posted by jinchann at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護